【初心者向け】ゲーミングPCの選び方と、迷った時におすすめのPCはこれ!

2019年1月3日

・初めてゲーミングPCを買うけど、どれを買ったらいいかわからない。

・買ってから後悔したくない!これを買っとけば間違いない!ってのはないの?

・初心者向けのゲーミングPCってどんなもの?

そんな疑問にお答えします。

 

僕が初めてゲーミングPCを買ったのは15年前で、これまで3台のゲーミングPCを購入しました。
今のPCではMMORPGからFPS、アクションものなど幅広く遊べています。
今回は僕が使っているような、「ある程度なんでもできるゲーミングPCの選び方」をお教えします。
初心者が迷わないよう、難しい説明を省いた記事になっています。

 

ゲーミングPCを買うかどうかを迷っている方はこちらをどうぞ

 

結論「初心者はミドルレンジPCを買うべし!」

 

本記事の内容

・失敗しないゲーミングPCの選び方
・初心者向けおすすめゲーミングPCの紹介

初心者が失敗しないゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCを構成するパーツには、色んなものがあります。
・CPU
・グラフィックボード
・メモリ等々
どの程度のものがあれば、自分のゲームが動くかわかりますか?
わかる方は回れ右。わからない方は下に進みましょう。

 

 

安物のゲーミングPCは買うな!

ゲーミングPCはその価格と性能で、3つのランクがあります。

・エントリーモデル
・ミドルレンジ
・ハイエンド

エントリーモデル
価格:10万円以下
名前の通り初心者向けのモデル。と言いたいところですが、おすすめできません。
ゲームをするだけなら問題ありませんが、
ゲームによっては高画質で動かすと遅延したりします。
自分がしたいゲームが最高の環境で遊べないかもしれないのに、10万円弱は勉強代として高すぎます。
せっかく高い買い物をするんだから失敗したくない、って人にはおすすめできません。
逆に言えばノーマル画質なら問題なく動くので、画質を気にしない、ともかく安価に済ませたい人にはおすすめ。

 

ミドルレンジ
価格:10万円~20万円
ほとんどのゲームが高画質で、問題なく遊ぶことが出来ます。
僕の使っているPCもミドルレンジです。
今のPCは買って2年経ちますが、最近のゲームでもサクサクです。
15万円以上のPCであれば、5年くらいは現役でいけると思います。
様々なニーズに応え、かつ価格もそこそこなので、初心者におすすめです。
巷でも一番売れている価格帯。

 

ハイエンド
価格:20万円以上
ほとんどのゲームを最高の画質で遊ぶことが出来るPCです。
例えば4K対応のモニターで別次元のゲーム体験をしたい
モニターを3つ並べてワイド画面で没入感を得たい、など
家庭用ゲーム機より数ランク上のゲーム体験をしたい方におすすめです。
大画面で、4Kで、サクサク・・・を求める人にとっては、高ければ高いほど良いです。
現行の最新パーツが積んであるため、現役である期間が非常に長いです。
そのため実は一番コスパが良い価格帯。

 

初めてのゲーミングPC選びで失敗したくないなら、ミドルレンジ以上にしましょう。

 

初心者におすすめしたいのはミドルレンジ以上

上でも言いましたが、僕が初心者に最もおすすめしたいのは、ミドルレンジ以上です。

 

ハイエンドとどちらを選ぶかは、予算次第です。
20万円~40万円の予算があれば、ハイエンドの方が良いです。
長持ちしますし、別次元のゲーム体験ができます。
予算不足ならミドルレンジでも上々です。

 

エントリーモデルを買ってしまうと、どうしても現役期間が短くなりがちです。
せっかく買ったのに、数年後最新のゲームがまともに遊べないといったことが起こる可能性があります。
そうなった場合、スペックが不足したパーツの買い替えが必要なため、
エントリーモデルは長い目で見ると高くつきます。

 

 

初心者におすすめのゲーミングPCを2つピックアップ

僕がおすすめできるPCをピックアップしました。
ミドルレンジのPCでコスパ重視、おそらく5年は使えるだろうものを選んでいます。
FF14や、PUBG、R6S、モンハンW等は余裕で動くPCです。
ぜひ参考にしてください。

 

LEVEL-M0B6-i5-RNA-K

価格:119,980円(税別)
CPU:Core i5-8400
グラフィック:GeForce GTX 1060 6GB
メモリ:16GB
SSD:480GB

 

どのパーツも必要十分の性能で構成されており、
とりあえずこれを選んでいれば失敗しないと言える、コスパの良さが特徴。
グラフィックに若干の難あり。最高画質は厳しいかも。

全国各地に店舗を構え、ネットでも販売をしているパソコン工房が作っており、
24時間365日の電話サポート、1年間無償保証、全国店舗でのサポートがあるため
トラブルがあっても安心です。

 


 

NEXTGEAR-MICRO im610GA1-SMM

価格:174,800円(税別)
CPU:Core i7-8700
グラフィック:GeForce GTX 1070 8GB
メモリ:16GB
SSD:240GB

上記のものよりワンランク上のスペックを持つPCです。
処理速度、画質が向上しています。
SSDが480GB→240GBに減っていますが、SSDは240GBもあれば十分なので問題ないです。
予算に余裕がある場合は、こちらをおすすめします。

 

販売しているマウスコンピューター社は、高性能なPCになるほど他社より安く買える傾向があります。
アフターサービスとしては24時間365日の電話サポートと、1年間の無償保証。
僕が初めて買ったときにお世話になりました。またリピートしたいお店です。

 

 

BTOパソコンとは?

上記で紹介したものは、2つともBTOパソコンと呼ばれるものです。
BTOとはBuild To Orderの略で、受注生産品のことです。
パーツ構成をカスタマイズすることができ、予算や用途に応じて自由に選べるのが魅力です。

BTOパソコンに興味がある方はこちらをご覧ください

 

 

まとめ

ではまとめです。

・初心者はミドルレンジ以上を買いましょう

・予算が許すならハイエンドも良いです

 

以上になります。
本当はもっと詳しく解説する項目もあるのですが、今回は初心者向けということで
専門用語が必要な説明は省かせていただきました。
質問があればコメント欄で受け付けます。

それでは、快適なゲームライフを!